宮古onWeb  トップ画像アーカイブス
 151〜200  201〜250  251〜300  301〜350  351〜400
  401〜500  501〜600  601〜700
■200 浄土ヶ浜 いわての旅さんりく観光情報より

 いわての旅 さんりく観光情報


■199 宮古万華鏡スライド 1



■198 浄土ヶ浜遊覧船 2012年初日の出クルージング

浄土ヶ浜遊覧船 春の定期運航 開始  岩手県北バス PDF
 みやこマーシャル

■197 浄土ヶ浜遊覧船 復活

浄土ヶ浜遊覧船 春の定期運航 開始  岩手県北バス PDF
 みやこマーシャル

■196 魚菜市場 2012創業祭ポスター
 宮古市魚菜市場

■195 宮古の写真集 「東日本大震災」 佐々木宏/著・撮影

 河北新報の記事
 読売新聞の記事
 岩手日報の記事


■194 宮古の写真集 「東日本大震災」 佐々木宏/著・撮影

 河北新報の記事
 読売新聞の記事
 岩手日報の記事


■193 宮古onWebトップ画像スライド 3

トップ画像50枚のスライド化その3 4分37秒・BGMなし


■192 魚菜市場の岩船商店

 みやこマーシャル 【 新鮮印!岩船商店 】 onYouTube

岩船商店の屋印?は、なぜ 「○ア」 なのか?


■191 PiKAP☆KA 宮古プロジェクト 鍬ヶ崎小学校バージョン

 岩手日報の記事


■190 PiKAP☆KA 宮古プロジェクト in 鍬ヶ崎

 岩手日報の記事


■189 みやこマーシャル 【 PiKAPiKA 宮古プロジェクト 】

 みやこマーシャル
 PiKAPiKA 宮古プロジェクト
  上映会 2012年3月11日(日)午後5時半から(午後5時開場)
        浄土ヶ浜ビジターセンターにて
        無料
 PiKAPiKA 宮古プロジェクト 岩手日報の記事


■188 宮古onWebトップ画像スライド 2

トップ画像50枚のスライド化その2 4分37秒・BGMなし


■187 みやこマーシャル 【 さとう衣料店 】

 みやこマーシャル


■186 写真集 「東日本大震災〜3.11宮古地方版」

写真集 「東日本大震災〜3.11宮古地方版」 および発行元の宮古民友社についての記事
  宮古プリントHP
  Chiikeys ふるさとを忘れない
  くにまるジャパン
  岩手日報 2011年5月13日


■185 宮古onWebトップ画像スライド 1

トップ画像50枚のスライド化その1 4分37秒・BGMなし


■184 山口太鼓の会 【 太鼓は心の音 】 by みやこマーシャル

みやこマーシャル


■ お知らせ

ブログ上で 「トップ画像集」 を運営していましたが、
不具合が発生して多くの画像が消えてしまいました。
そのため、あらためてサイトをつくり、
場をかえて継続することにしました。
また、一から出直しです。
過去の画像をどうするか
いま思案中です。
ご了承ください。
2012.03.07
じん

追記1 動画は割愛していましたが
今後は適宜掲載していく予定です。

追記2 過去の画像もこのページで
少しずつ回復させていこうと思います。


■183 東日本大震災〜3.11宮古地方写真集

 宮古プリントHP


■182 宮古湾 Google earth

Google


■181 海嘯(つなみ)鎮魂の詩(うた)  詩:田畑ヨシ  作曲・歌:サスライメイカー

CD+DVD(2011.7.3 サスライメイカー復興支援ライブ@宮古市田老町漁協前)  Amazon

海嘯(つなみ)〜鎮魂の詩(うた)
              田畑ヨシ 2003
一  突然襲う 大つなみ
永久(とこしえ)忘れん あの怖さ
家と流され 諸人(もろびと)は
海の藻屑(もくず)と 消えゆきて
無念の涙 ほほつたい
今 静かなる 碧(あお)き海
悲しき海よ ふるさとの海

二  独り残りし 幼児(おさなご)も
人の情けに すがりたる
育てはぐくむ 慈悲もあり
親にかわりし 愛の手に
健やか育ち 子のありて
今 静かなる 碧き海
母なる海よ ふるさとの海

三  慰霊の前に やすかれと
花をばたむけ 手を合わせ
愛しき人の 思い出を
あたためながら ふるさとの
復興誓い 船出する
今 静かなる 碧き海
恵みの海よ ふるさとの海


■180 一中吹奏楽部の野球応援 1959年7月 宮小校庭にて

吹奏楽部や観客が陣取っている場所は、宮古小学校の旧校舎の前、西側のテラス状のところだと思う。
当時の旧校舎というのは、いまの体育館の南側に、南北に建っていた。
校庭は一段低くなっていた。
野球大会が行なわれるとき、ホームベースは東南の角の位置に置いた。

写真提供は横浜在住の Tash さん。
Tash さんの 「宮古一中吹奏楽部 創部の頃」 という文章を 投稿欄〜おらが宮古ばなす に収録しました。


■179 宮古第一中学校の正門前

宮高グラウンドで行なわれた野球大会の応援のあと、吹奏楽部を先頭に行進して一中に戻ったところ。
写真提供は横浜在住の Tash さん。
Tash さんの 「宮古一中吹奏楽部 創部の頃」 という文章を 投稿欄〜おらが宮古ばなす に収録しました。


■178 1960年秋 一中運動会 吹奏楽部によるドリル演奏

横浜在住の Tash さんから送っていただいた写真です。
Tash さんの 「宮古一中吹奏楽部 創部の頃」 という文章を 投稿欄〜おらが宮古ばなす に収録しました。


■177 宮古市魚菜市場

タラ、鱈、真鱈。
 宮古市魚菜市場HP
 宮古のごっつお (チラシ制作者・CMプロデューサー:中居泰雅さんのブログ)
 みやこマーシャル 魚菜市場編


■176 魚菜市場のチラシの一部分



■ 海嘯(つなみ)〜鎮魂の詩(うた)onYouTube
                         作詞:田畑ヨシ 作曲・歌:サスライメイカー

                                                               ↑
                                                    映りが悪い場合、ここをクリックして
                                                    画質を240pに落としてみてください
一  突然襲う 大つなみ
永久(とこしえ)忘れん あの怖さ
家と流され 諸人(もろびと)は
海の藻屑(もくず)と 消えゆきて
無念の涙 ほほつたい
今 静かなる 碧(あお)き海
悲しき海よ ふるさとの海

二  独り残りし 幼児(おさなご)も
人の情けに すがりたる
育てはぐくむ 慈悲もあり
親にかわりし 愛の手に
健やか育ち 子のありて
今 静かなる 碧き海
母なる海よ ふるさとの海

三  慰霊の前に やすかれと
花をばたむけ 手を合わせ
愛しき人の 思い出を
あたためながら ふるさとの
復興誓い 船出する
今 静かなる 碧き海
恵みの海よ ふるさとの海


■175 浄土ヶ浜ターミナルビル 解体へ

画像は Google ストリートビューから  Google Map

●浄土ケ浜ターミナルビル:宮古の観光シンボル解体 老朽化進み、震災で傷
 ◇抵当権者が解除同意へ
 宮古市の景勝地、浄土ケ浜の玄関口にあって、老朽化が進む浄土ケ浜ターミナルビルが解体される見通しとなった。
建物に抵当権を設定する金融機関が抵当権解除に同意する意向を示したことで、所有会社「浄土ケ浜ターミナルビル」(破産手続き中)から市への無償譲渡の見込みが立った。
市民や観光客に40年近く親しまれた観光宮古のシンボル施設が消える。
 傾斜地を利用した鉄筋コンクリート造り3階建て(延べ床面積1985平方メートル)で、岩手県北自動車や地元経済人らが出資の同社が1973年、市から土地を借りて建てた。
浄土ケ浜第1駐車場から続く屋上部分は眺望が楽しめる展望台として人気を呼び、大食堂や売店もにぎわった。
 しかし、観光客の減少とともに会社の経営が行き詰まったことから、市は抵当権設定の老朽建物が観光地に残るのを心配。
昨年5月、建物の撤去と土地の明け渡しを求めて提訴したが、直後の会社の破産手続き開始決定を契機に宮古信用金庫など抵当権者から解除に同意が得られる見通しとなった。
 建物での営業は10年12月から取りやめ、岩手県北バス観光船事業部が入居している。
震災では、水道やトイレが使えなくなるなど傷みが一段と進んだ。
 市商業観光課によると、現在手続きが進められており、年度内に終わり次第、提訴を取り下げ、建物の無償譲渡を受ける。
解体時期は決まっていない。
松舘仁志課長は、
「解体には2億円近い費用が見込まれる。
環境省が津波で被災した浄土ケ浜の整備事業を計画しているので、一体での跡地利用も検討したい」
と話している。
(2012年2月16日 毎日新聞 地方版 記者:鬼山親芳)


■174 旧魚市場

画像は Google ストリートビューから  Google Map

●旧宮古魚市場、解体工事始まる 「販売所」として親しまれ
 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮古市臨港通の旧宮古魚市場の解体工事が始まった。
戦前から「販売所」と呼ばれたかつての漁業の拠点施設で、地元の人たちが懐かしそうに見入っている。
 宮古港の岸壁にある旧宮古魚市場は津波の直撃を受け、小型漁船が屋根まで乗り上げるなど3棟の建物と2棟の貯氷冷蔵工場が損壊した。
1960年の完成で、土地も建物も宮古漁協が所有。
96年に新しく宮古市魚市場が隣接の出崎ふ頭に公設民営で開設されるまでは水揚げする漁船でにぎわい、宮古の基幹産業を支えた。
 魚市場移設後は旧本事務所があった北側の鉄筋コンクリート3階建ての建物(延べ床面積4522平方メートル)に漁業団体などの事務所が入り、他の建物も買い受け人らの荷さばき所に使われていた。
 解体するのは損傷が比較的少なかった南側の建物を除く施設。
震災後も一部の買い受け人らが使用していたが、立ち退いてもらった。
鉄柱や屋根などを壊す重機の音が響く。
 岸壁に係留するトロール漁船の乗組員や通りかかった住民らが作業を見守っている。
年配の男性は
「この施設ができたころは宮古港はサンマ漁船の全国一の基地だった。
花火を合図に一斉に出漁する光景は勇壮で、忘れられない」
と懐かしんだ。
 宮古漁協によると、更地にした後の利用計画は決まっていない。
ただ、震災で地盤が50センチ前後沈下しているとみられることから、地盤がかさ上げされ、防潮堤も造られる可能性が高いという。
(2012年2月17日 毎日新聞 地方版 記者:鬼山親芳)


■173 大通三丁目交差点

画像は Google ストリートビューから  Google Map

旧八分団も解体された。
火の見櫓もない。
なじみ深いものが、どんどん消えてゆく。


■172 あんばいや(安倍屋)

画像は Google ストリートビューから  Google Map

右隣の「みかわ屋」が解体され、なくなっている。


■171 宮古毛ガニまつり

宮古毛ガニまつり
 2012年2月19日(日)9時30分〜
 宮古市魚市場にて
  宮古観光協会


■170 続々々々々・閉伊川に水門?



■169 3・11大津波によって崩壊した田老の摂待川水門



■168 日進堂 鮭の中骨かりんとう

 日進堂 @Amazon


■167 続々続々・閉伊川に水門?

津軽石川水門は遠隔操作で水門を閉める。
ところが、3・11大津波のさいには遠隔操作ができなかった。
消防団員が危険をおかして水門へ行き、手動で閉めた。


■166 続々々・閉伊川に水門?

田老の摂待川水門は
3・11大津波で崩壊した。
まったく役に立たない
かもしれない水門に
170億円もの国民の税金を
使っていいのだろうか?


■165 続々・閉伊川に水門?

水門でさえぎられた
津波の巨大な圧力は
どこへ向かうのか?


■164 続・閉伊川に水門?

国民の税金125億円を
ついやしてつくった
津軽石川水門――あれは
3・11大津波に対して
役に立ったのだろうか?


■163 閉伊川に水門?

閉伊川河口――
岩手県はここに
高さ10・4mの
水門を築くという。
本気なんだろうか?

●水門新設に宮古市議会反発
「説明なし」 市の対応巡り
2012年2月1日 読売新聞
 東日本大震災で太平洋に注ぐ川を逆流した津波による被害が相次いだのを受け、
県が閉伊川(宮古市)の河口付近に新設しようとしている水門を巡り、
宮古市議会が反発している。
同市議会が昨年9月、堤防をかさ上げし、津波を同川の上流に流して被害を防ごうと市に提言していたのに、
山本正徳市長ら市幹部が市議会に相談もなく、県が提案した水門設置のほうを選択したからだ。
 閉伊川は同市中心部を流れる川。
同市議会は昨年9月、堤防をかさ上げし、津波を同川の上流に流して被害を防ごうと市に提言。
宮古湾につながる津軽石川で、水門を閉めたために周辺地区が大きな被害にあったためで、
「津波は河川に逃がす」
というのが議会の姿勢だった。
 しかし、県は12月14日、堤防をかさ上げすると、
〈1〉上流付近に津波被害を受ける地区が新たに約20ヘクタール生じる
〈2〉国道45号の宮古大橋が落ちる恐れがある
〈3〉宮古大橋や並行するJR山田線を高くするには事業費がかさむ
――ことなどから、水門設置を市に提案。
県の計画では、同川河口に166億円を投じ、
高さ10・4メートル、幅約158メートルの水門を5年がかりで建設する。
 市はやむを得ないと判断し、同月16日に了承したが、
市議会には伝えられず、市議らが知ったのは、今年1月、県の発表や報道などでだった。
このため、同月17日の市議会復興対策特別委員会では、
議会への説明もなく決定したことに、市幹部を非難する声も上がった。
 31日の全員協議会では、市民約80人も見守る中、
県河川課の松本中(みつる)総括課長が水門設置と堤防かさ上げで、浸水域の違いなどを図で示した。
市議からは
「地震発生後に停電したら、水門を遠隔操作できるのか」
「もっと時間をかけて市民の声を聞きながら決めるべきだ」
などと厳しい意見が相次いだ。
 これに対し、松本課長は
「コストや安全性を考えると水門のほうが実現性が高い。
今後も説明を続け、理解を深めてもらうしかない」
と話した。
 山本正徳市長は松本課長の説明後、
「情報共有が十分でなかったのは私の不徳の致すところ」
と市議らにわび、水門設置を選択することになった経緯を釈明したが、
市議らは「相談もなく決まったことが非常に残念だ」と納得しなかった。


■162 モッコのある風景〜長町



■161 こころ通信 第2号

 こころ通信 PDF    こころ通信ブログ


■160 中村貴之 Live in ふるさと宮古

NSP 中村貴之 official site information

NSP 中村貴之 ―― ふるさと宮古で歌う。
2012年1月22日(日)同日2連発!
魚菜市場   @ カントリーズcafe


■159 魚菜市場 【冬の味覚祭り】 ポスター

魚菜市場ポスター拡大


■158 こころ通信 創刊号



■157 宮町四丁目



■156 八幡橋から



■155 一石橋から



■154 山口川 一石橋から



■153 八幡橋



■152 宮町の交差点



■151 宮町 陸中ビル



 151~200  201〜250  251〜300  301〜350  351〜400  401〜500  501〜600  601〜700
宮古onWeb  トップ画像アーカイブス



inserted by FC2 system